shikatanai

ごめんなさい





Jul 23
Permalink
Jul 22
Permalink
Permalink

ポロリ

ポツン
ポツン

ピピピ
ピピピ

ドクン
ドクン

ダダダダダダダ

ヒューン

プ!

無限大に加速し

命の上を駆け抜けていく

私の時よ。



Jul 21
Permalink

先生からは、依存症と恋愛の区別がつかなくなっている状態をなんとかしたいから、連絡を断つことで冷静になって欲しいと言われている。昨日、好きな人そっくりな人を見かけて、幻覚かと思った。


ーーーーー残酷な言い方しますけど、アルコール中毒の禁断症状のようなものです。我慢しようとすればするほどアルコールが欲しくなるでしょう。アルコールの代わりになるような何かが必要なのです。辛いのはわかるのですが、なんとか他に目を向けて意識をそらすことはできないでしょうか?
簡単に言うと依存症なんですよ。対象はなんでも原理は同じです。それがないと生きていけない。それしか人生の喜びがない。そうなった時にそれに依存していくわけで。どこかで断たなければならないんです。
でもただ「やめよう」ではよけいに欲しくなるだけで、なぜ自分がそれに溺れてしまうのか。それで何を誤摩化しているのかということを、ちゃんと考えて根本を断たないといけないんです。


子どもに意識を向けることが出来れば一番いいことも分かっている。そしてそうすることが辛く感じ、自分には難しいことも分かっている。本当にどこへ意識を向ければいいのかが分からない。


ーーーーー自分に向けてください。また言いますけど、あなたは全く自分を愛していません。可愛いとも思っていません。子どもはあなたの分身なんですよ。あなたが自分が可愛くないと思っているから子どもも可愛く感じないんです。
普通の親はまず自分大好きです。だから分身の子どもが可愛くて仕方ない。健全に育った人はそうです。
あなたが目をそらしているのはそこなんです。自分が可愛くないのが辛いんです。それでよそに目が行く。そう思ってみてください。
自分のためになにかしようとしますか?たいがい誰かの役に立ちたいとかじゃないですか?
逆にいうと必要とされなければ全く無価値だと考えてますよね。そこがとても問題なんですよ。

ーーーーー他人から許可をもらって初めて自分がいて良くなる。だからあなたはそれをくれる人がいないと存在してないんです。それに耐えられない。
一人で立つということは一人で居ても、許可をもらわなくても、自分に価値があると思えることです。与えてもらうのではなく、自分が自分に丸をつけて生きているということです。



Jul 20
Permalink
ひるがえってセックスとは何だろうか。わたしは(この主語は別に「あなたは」や「彼は」であっても誰でもかまわないのだが)書物を読むことでテクストの快楽を味わい、教鞭を執ることで学生たちと省察の喜びを共有し、映画論を出版することで未知の読者との出遭いを寿ぐ。同じようにしてわたしは女性と寝ることで彼女と幸福と快感を共有することを喜びとする(そんなことは「当たり前」だが)。それはいちいち名前を挙げることは差しひかえるが、十指にあまる映画作家たちの全作品を見ることの喜びに比肩しうるものであり、その意味でわたしはそれをしなければならないし、わたしの人生にそれ以外の選択の余地はない。それはわたしにとって避けがたい倫理的選択である。スキーをしないでいることもオートバイに乗らないでいることも可能だが、愛し合わないでいることはわたしには到底考えられないことである(それがわたしの甲状腺機能亢進症のせいかどうかは知らないが)。それではそうした愛とポルノグラフィはどう違うのだろうか。それはこれまでの議論からもおおかた明らかなように、現実のセックスにおいてひとは男になったり女になったりするが、主流のポルノグラフィにおいては上下の修辞的区分や男女の性的差異は律儀に守られ、この二元論はメロドラマ的原理にもとづいてどこまでも揺らぐことがない(この点についてはポルノグラフィ映画はハリウッド主流映画となんら変わるところがないのである)。さらにポルノグラフィにおいては、そのサブジャンルの商品化の必要から「倒錯的」セックスと「正統的」セックスすらもが厳密に区分され、両者が現実のセックスにおけるように幸福に融合することもない。したがってもし映画史に未来があるとすれば、それは愛し合うふたりの男女の現実をとりあえずセックスから妊娠出産にいたる長く濃密な段階において、いかなる既存のメロドラマにもいかなる既存のドキュメンタリーにも堕すことなく記録すること以外ほかに、道はないだろう。

Jul 18
Permalink
Jul 16
Permalink
Permalink
家の近くに葬儀場的な所があって労働の帰りに前を通るんだけど、そのときに日々の生活では忘れている「自分も死ぬんだ」という事を一瞬思いだすし、もしこのまま死んでも自分は納得できるだろうかと思ったり後悔したくないという気持ちになるので、近所に葬儀場がある事は自分の人生に影響を与えている

Jul 13
Permalink
Permalink